So-net無料ブログ作成

切ない思い… [小説]

愛は、翔太と連絡が取れない日々に今日の出来事、
気候、彼への思いを込めてメールを送っていた。

忙しい彼に、愛が出来ることは、
翔太の心を少しでも癒してあげられたら…と思い、
メールを送るようにしていた。

”翔太…元気ですか…こっちは寒い日が続きます。
毎日寒くて、今日は寝坊をしてしましました。笑 
朝起きたら…家を出る時間…急いで支度をして出かけました。
しっかり朝は起きないとね~(*^_^*)
翔太の方のがもっと寒いよね~
風邪引かないように…頑張ってね!
翔太~大好き ”

”愛~メールありがとう。最近寒いよね。
風邪引かないように…
愛のメールはとっても嬉しいよ。
愛に会えないから、愛の事がわかって嬉しいよ。
愛のこと思い出して頑張れる!癒されるよ!ありがとう!!
愛してるよ… 愛…会えなくても心の中では愛といつも一緒だよ。
またメールちょうだいね!寝坊しないように~~笑”

愛と翔太は、毎日のようにメールで
お互いの連絡をとっていた。
どんなに些細なことでも、
愛は翔太にメールを送っていた。
そして、お互いの気持ちを伝えあうようになっていた。

会えなくても、心の絆を深めていきたい…
愛と翔太にとって、2人の愛は大事にしたいから…
いつか会える日まで、その日が来ることを楽しみにしながら、
2人で頑張って、愛を築いていきたい……

愛は、そう心に思いながら、
翔太からクリスマスにプレゼントされた指輪を、
左手の薬指にはめながら、
彼からのプロポーズされた日の事を思い出すのだった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。