So-net無料ブログ作成

確かめ合って [小説]

「翔太何食べる?お腹空いてるでしょう…」
「愛を食べる~笑」
「もう…翔太ったら…笑」
「愛~愛がほしいよ…」
そう言いながら、翔太が後ろから抱きついてきた。

「時間はまだあるよ…笑」
「待ちきれないよ…笑」
愛も同じ気持ちだった。

久しぶりに翔太に会って、心も体も興奮していた。
翔太のぬくもりを感じたい…
愛も心の中で待ちきれなかった。

「明日帰るの?」
「ううん。明後日。」
「ほんと~?」
愛の顔がニコニコした顔に変わった。

「うん。学校でやることがあってね。」
「嬉しい…帰るまで翔太と一緒にいられるんだ…」
「もちろん…愛と一緒にいたいよ…」

2人で過ごす時間が長い事に嬉しく
幸せな気持ちになっていた。

翔太と過ごす時間を大事にしたい。
今度はいつ会えるか分からないから…
と愛は心の中で思っていた。

翔太と2人で簡単な昼食を済ませ、
テレビを観たり、お話をしたり、
幸せな時間を過ごしていた。

翔太のお父さんの具合も、
今は落ち着いているようだった。

そんな時愛の携帯がなった。
同じ仕事をしている、
後輩の拓也からだった。

「先輩、お休みの所すいません。」
「どうしたの?」
「なんか…携帯向けのコンテンツが
不具合でエラーになるんです。
先輩に聞けばわかるかな…っと思って…」

拓也は、今日は出勤日で不具合のエラーが
出ていることに四苦八苦しているようだった。
愛は、自分のわかる範囲で対応していた。

暫くして、拓也から何とか不具合
が出なくなったと言う電話がきた。

「先輩~なおったみたいです。
ありがとうございます。」
「よかったね~」
「このお礼は、
いつかさせてもらいます。」

「いいよ~笑」
「じゃ~また飲みに行きましょう…」
「時間あったらね。」
そう言い残して拓也の電話は切れた。

側で聞いていた翔太が、
ちょっと不機嫌な顔をしていた。
「ごめんね~仕事の後輩から…
エラーが出るって‥」
「随分仲がいいんだね。」
「え?」

「なんか誘われていたでしょう?」
「あ~~いつも一緒だからお昼の食事よ。」
「いつも一緒なの?」
「うん。お仕事だよ。
翔太…どうしたの?」

翔太は、自分の言い方に気づいたらしく
「ごめん…焼きもち焼いた…」
「翔太…」
「あまり仲良くて、
俺の知らない愛を感じたよ。」

「ごめんね。私の心は翔太だけだよ…」
「愛を離さないよ…俺だけの愛。」
「うん。」
2人は熱いキスを交わした。

翔太との久しぶりのキスは、
愛情がこもっていてとても幸せを感じ、
とっても長い甘いキスだった。

そして、2人は愛を確かめ合った。
愛は、翔太の温かい頼もしい腕の中で、
愛されている喜びと、
翔太のぬくもりを感じながら幸せを感じていた。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。