So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

花嫁 [小説]

今日は、愛と翔太の結婚式だった。
朝から、2人の祝福を祝ってくれるようなお天気だった。
愛は、翔太と一緒に式場に向かう。
式場に着くと、当日担当してくれる係の方が、
ニコニコとした笑顔で迎えてくれた。

「おめでとうございます。お天気になってよかったですね。」
そう言いながら係の人は、愛と翔太を控室に案内してくれた。
「ありがとうございます。よろしくお願いします。」
愛と翔太は、深々と頭を下げ、係の人の後ろを歩いて行った。

控え室に入ると、愛が着るウェディングドレスがかかっていた。
愛は、そのウェディングドレスを見ながら目を潤ませていた。

”このウェディングドレスを着て翔太と結婚するんだ…”

愛は、こみあげてくる嬉しさと幸せをかみしめていた。
「さぁ…ドレスに着替えましょうか…」
係の人言われ、愛は着替えを始めていた。
翔太も、準備をしに別の部屋に行った。

愛は、メイクをして、髪をセットし、ウェディングドレスを着る……
段々と、翔太の花嫁になる喜びと幸せで胸がいっぱいになっていた。
数時間で、愛は純白のウェディングドレスに身を包み、
幸せいっぱいの花嫁になっていた。

暫くして、翔太が現れ、愛の姿を見て感激していた。
「愛~すごく綺麗だよ~」翔太は、愛を見つめていた。
「ありがとう…翔太、幸せだわ…」愛も、翔太を見つめていた。

愛の両親や翔太の両親も現れ、皆幸せそうに微笑んでいた。
「翔太君、愛をよろしくお願いします。」愛の父が、翔太に言っていた。
「はい。愛さんを幸せにします。」翔太は、深々と頭を下げていた。

翔太の父も、体調が悪い中出席してくれた。
「お父さん…今日は体調が悪い中、出席して頂きましてありがとうございます。」
愛が、深々と頭を下げていた。

「愛さん…すごく綺麗ですよ…翔太をよろしくお願いします。」
翔太の父は、嬉しそうに笑っていた。

その後も、愛と翔太は、それぞれの親戚の方達に挨拶をしていた。
「そろそろ時間ですよ。」係の人が、知らせにきた。
愛の心臓がドキドキと鳴り始めた。

音楽が鳴り、愛は父とバージンロードを歩きだす……
翔太の待っている所に向かって、一歩一歩幸せをかみしめながら歩いていた。
歩きながら、親戚や友人達が、笑顔で拍手を送ってくれていた。

”ありがとう…皆さん…本当にありがとう…”
愛は、祝ってくれる人達に感謝の気持ちでいっぱいだった。

そして、愛は、翔太の隣に並び、神父さんが現れて、
誓いの言葉を聞きながら2人で永遠の愛を誓うのだった。

その後、2人でお互いの左手の薬指に指輪の交換をする…
愛の左手の薬指に、翔太が指輪をはめてくれる時、
愛はドキドキと心臓が止まりそうになるくらいなり始めていた。

そんな愛の事を気付いたように、翔太は優しく愛を見つめてくれていた。
その翔太の顔はとても男らしく見えて、愛は幸せを感じていた。
そして、挙式を終えて外に出ると、
親戚や友人達が花びらを巻きながら祝福をしてくれていた。

“愛~~翔太君おめでとう!!”
“翔太~~愛さんおめでとう!!”
“おめでとう~~!!”

そんな大勢の祝福の歓声に、
愛と翔太は見つめ合いながら幸せを感じていたのだった。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の1件 | -