So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2ヶ月ぶりに [小説]

今日は、お仕事もお休みで愛の心はウキウキとしていた。
いつ来るか‥いつ来るか‥と
翔太の現れる時間が気になって仕方がなかった。

翔太と会うのは2ヶ月ぶりだった。
お正月に会ったきり、彼はお父さんの具合が
悪いので実家に帰っていた。

それまでは、翔太とお互いに時間の空いた時に会って、
2人で楽しい時間を過ごし、
彼から昨年のクリスマスイブにプロポーズをされ、
いつか結婚出来る日を夢見ていた。

そんな矢先、翔太のお父さんの具合が悪くなり、
彼は実家に帰って、お父さんがされている
自営業の仕事を代わりにしていた。

そして、翔太とはなかなか会えなくなり、
彼とは毎日のように些細な会話でも
彼は電話をくれていた。

愛が心待ちにしていると、
”ピンポーーン!”とチャイムが鳴った。

「翔太…?」
ドアを開けると爽やかな笑顔の翔太が立っていた。
「愛~~!!」
玄関先で翔太は、愛を抱きしめていた。

「翔太…会いたかった…」
愛も翔太に抱きついていた。
「俺も会いたかったよ…」
長い時間、翔太は愛を抱きしめていた。

今までの会えなかった時間を埋めるように…
翔太の腕は力強かった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。